open
open

使い方ガイド

Q&A(よくある質問)

「マネーフォワード for マニーク」とのデータ連携について

平素より「マネーフォワード for マニーク」をご利用いただき、誠にありがとうございます。このたび、2020年6月以降「マネーフォワード for マニーク」のサービス提供を終了することになりました。

後継のサービスは「おかねのコンパス for TT」とさせていただき、「マネーフォワード for マニーク」のサービス終了にともない既にお客さまが「マネーフォワード for マニーク」にご登録されたデータを2020年4月1日から2020年5月31日の間「おかねのコンパス for TT」に連携できるサービスを提供いたします。

「おかねのコンパス for TT」は無料で何口座でも登録可能ですので、「マネーフォワード for マニーク」のプレミアムサービスをご利用になっているお客さまがご登録されたデータはそのまま連携(一部データを除く)が可能で、今後は無料で「おかねのコンパス for TT」をご利用いただけることになります。(ただし、データ連携をした月の「マネーフォワード for マニーク」のプレミアムサービス利用料は返金されません)

データ連携でのご注意点

  • データ連携後は「おかねのコンパス for TT」をご利用下さい  
    • データ連携後に「マネーフォワード for マニーク」で口座連携・解除等のご利用をされますと、一部のデータが正しく連携されない場合がございます)
  • 「おかねのコンパス for TT」へデータ連携後は「マネーフォワード for マニーク」の退会はできません
    • 連携後に退会操作をするとエラーとなります。
    • 退会をご希望の場合は、「マネーフォワード for マニーク」サービス終了後「おかねのコンパス for TT」を退会することでマネーフォワードのアカウントを含めてデータの削除が行われます。  
  • データ連携できない場合の対応法について

    • 「おかねのコンパス for TT」を既に利用されているお客さまは、ご利用中の「おかねのコンパス for TT」のID(メールアドレス)へ「マネーフォワード for マニーク」のデータを引き継ぐことができません。このような場合には、以下のご対応をしてください。
      1. 「おかねのコンパス for TT」で利用しているID(メールアドレスA)とは別のID(メールアドレスB)を利用してデータ連携手続きをする。この場合は、データ連携後はデータ移行手続きで使ったID(メールアドレスB)で「おかねのコンパス for TT」をご利用いただくことになります。
      2. 「おかねのコンパス for TT 利用ID:メールアドレスA」を一旦 退会して翌日以降にID(メールアドレスA)を利用してデータ移行手続きをする。
  • 「マネーフォワード for マニーク」の一つのIDに対して、連携できるのは「おかねのコンパス for TT」の一つのIDだけになります。

    • 「マネーフォワード for マニーク」とのデータ連携を「おかねのコンパス for TT 利用ID:メールアドレスA」でデータ連携手続きを行った後に、再度「おかねのコンパス for TT 利用ID:メールアドレスB」で連携手続きをすると、「データ連携中」の画面が表示され続け、利用ID:メールアドレスBでは「おかねのコンパス for TT」をご利用いただくことができません。この場合は「おかねのコンパス for TT 利用ID:メールアドレスA」でご利用ください。